木製ボールペン『ピュアモルト』を改造してアクロボールの替芯を入れてみた

スポンサーリンク

ピュアモルトにアクロインキのリフィルを入れよう!

三菱鉛筆のピュアモルト

並行して運営している雑記ブログ『ゆとりごと』で、以前三菱鉛筆の「ピュアモルト」というボールペンにジェットストリームの替芯が入れられることを紹介しました。

ピュアモルトの芯をジェットストリームにしたら理想のボールペンになった

ピュアモルトとは、本体にウイスキー樽を使用した木のぬくもり溢れるボールペンです。

素材には、ウイスキー樽を再利用したホワイトオークを採用
ボディには、ウイスキーの熟成樽に使用されたホワイトオークを再利用しています。100年素材とも称されるホワイトオークは、樹齢およそ100年程度の木がウイスキーの樽材として使用されます。
50〜70年で樽としての寿命を終え、熟成力がなくなった樽は分解されます。その曲がった板をまっすぐに戻したものが、ピュアモルトシリーズの材料となります。
長い年月を経た後に木板として新たに生まれ変わったホワイトオークは、ナチュラルであたたかみのある質感を持っています。
三菱鉛筆 油性ボールペン ピュアモルト 0.7 SS1025.70 ナチュラル

よく売られているプラスチッキーなボールペンよりも遥かにカッコいいデザインのピュアモルトですが、低粘度インクボールペンのジェットストリームの替芯を入れることによってスラスラ快適に書けるようになり、見た目も実用性も素晴らしいボールペンになります。

そんなピュアモルトですが、なんとPILOTの低粘度インクボールペン『アクロボール』の替芯が入ることを知ったので早速試してみました。

アクロボールとは

アクロボールとはPILOTから発売されている低粘度インクボールペンです。

低粘度インクボールペン…いわゆる滑らかボールペンで最も有名なのは三菱鉛筆のジェットストリームですが、アクロボールはなんとジェットストリームよりも滑らかと書き心地が滑らか「滑らかすぎて違和感があるからジェットストリームの方がいい」という人がいるくらいにアクロボールは滑らかなのです…!

しかし個人的には圧倒的な滑らかさのアクロボールがジェットストリームの方が好きなのです。ジェットストリームももちろんいいのですが、アクロボールが使えるのであればアクロボールのほうが良い…!

そんなわけでピュアモルトを更にスラスラ滑らかに書けるボールペンにするべく、今入れているジェットストリームの芯からアクロボールの芯に替えようというわけです!

ピュアモルトにアクロボールの替芯を入れる

今回用意した替芯はPILOTのBVRF-8F-Bという替芯。これはアクロボール三色タイプに使われている芯ですね。

サイズは全長が98.5mm、最大径が3.1mm。以前ピュアモルトに搭載したスタイルフィット用ジェットストリーム替芯の全長が98.6mmなので、長さは問題無さそうですね。最大径は調べても分からなかったのですが、おそらくこちらも問題ないのではないかと。

スタイルフィット用アクロボール替芯(上)とアクロボール替芯(下)を並べてみました。ぱっと見て太さはほぼ同じ。

そのままピュアモルトに搭載…と行きたいところですが、BVRF-8F-Bにはスプリング止めがないのでそのまま入れても使えません。スプリング止めとして布テープを巻きました。

替芯、スプリングの順で本体に入れていきます。布テープ製スプリング止めにちゃんとバネがかかっていますね。

口金を付けて完成!タイトルで「改造」と大げさな感じに書いていますが、あくまで芯を入れ替えるだけなので至って簡単です。

しかし本当に三菱鉛筆製のピュアモルトにPILOT製のアクロボール替芯が入ってしまいました。彼は今メーカーの壁を超えて私にとって超理想的なボールペンへと進化したのです!!

アクロインキ搭載ピュアモルトで実際に書いてみました。全く問題なくスラスラ滑らかに書けます!私の大好きなアクロボールの書き心地そのものです!字が下手なのは見逃してください!

まとめ

木の質感で見た目も触り心地も良いピュアモルトですが、改造することで滑らかな書き心地のボールペンに進化します。今回はアクロボールの替芯を搭載しましたが、ジェットストリームの替芯も入れることができます。

木製でカッコいいボールペン『ピュアモルト』にアクロボールやジェットストリームの替芯を入れて、デザインも書き心地も良い理想的なボールペンにしてみては如何でしょうか!

スポンサーリンク