真鍮製の『シャーペンの芯ケース』を買ってみたのでレビュー

スポンサーリンク

シャーペンの芯入れを買ってみた

シャーペンの芯ケース、どうしてる?


シャーペンの芯…通称シャー芯。シャー芯といえば市販のものは上の画像のようにプラスチック製の丈夫なケースに入って販売されています。当然そのまま使っている人が多いでしょう。

丈夫なプラスチックのケースなので、中に入っているシャーペンの芯はしっかり保護されます。また芯が取り出しやすいように出し口に工夫がされているんですよね。機能的には申し分ありません。しかし何だかデザインが格好悪いと思っている人もまた多いのではないかと思います。

だから私は今まで無印良品のシャーペンの芯のケースを使っていました。

紙筒のこれです。お気に入りのシャーペンの芯『ハイユニ』をわざわざ紙製の芯ケースに移し替えて使っていました。シンプルなデザインが気に入っていたのです。

ただこの紙製のシャーペンの芯ケース、紙であるが故に日が経ち湿気などにあてられていると次第に劣化して柔らかくなってくるという欠点があります。また蓋も勝手にとれるようになってしまいます。そのため定期的に買い換える必要がありました。

デザインは良くて長く使える、シャーペンの芯を入れるのに適したケースは無いものでしょうか…。

ふとAmazonで検索していたところ、

ありました。

真鍮素材の、こだわりの芯ケースです!真鍮素材の、こだわりを感じさせる芯ケースです!【特長】・こだわりが感じられるレトロな風合いの真鍮製芯ケースです。・ネジ仕様の蓋なので、開いて中身が出る心配が少なく、芯をしっかり守ります。
オート 芯ケース SPC−350

真鍮製のシャーペンの芯ケースですか…。文房具に真鍮とか木が使われていると、それだけで愛着が湧いてしまうものです。

デザインもシンプルで、紙よりも長く使えそうなので、条件はクリアしています。そしてネジ式の蓋になっているので、蓋が簡単に外れない仕様になっています。これはいいシャー芯ケース…!

金額は381円+配送料。※2017年9月30日時点での金額

シャーペンの芯を入れるための用途で購入すると考えると、この金額は高級と言ってもいいかもしれません。

高級シャー芯ケース…おもしろいですね!

そんなわけで購入してみました!

高級シャーペンの芯ケース レビュー

金色に輝く真鍮製のシャーペンの新ケース。

か、かっこいい…!!

替芯はオート替芯を使えだとか書いてありますが、こんなものは無視!というかオートの芯なんてハンズやロフトでも殆ど見かけませんし…。

私はハイユニがいいんです!

0.5mm芯はハイユニこそ最高のシャー芯なのです!

開封してみました。

真鍮の金色が眩しいくらいに輝いていますね。圧倒的な高級感。ドヤ顔でシャー芯を交換できる気がしないでもありません…!

持ってみるとかなり軽いですね。軽くて強度に不安を覚えたのですが、口をそこそこの力で抑えてみても変形はしませんでした。普通に持ち歩くだけなら強度を心配する必要もなさそうです。

ハイユニのケースと比べるとこんな感じ。長さは今回購入した真鍮製シャー芯ケースのほうが長いですね。もう少し短くても良かったのですが、まあ細いのでペンケースの中に入れてもそれほど邪魔にはならないでしょう。

ネジ式の蓋。ペンケースの中で勝手に蓋が取れることがないのは非常にありがたいですね!

シャーペンの芯を移し替え中。

移し替え完了。ハイユニ40本を入れてもまだかなりスペースが空いていますので、目分量で7ケース分くらいなら入りそうですね。

取り出すときはこんな感じ。一本ずつ取り出せないことだけがネックですが、無印良品の紙筒ケースも同じような感じだったので覚悟はできていました。

実際に使ってみた感想

  • 高級感があるので愛着が湧いてくる
  • 軽いが結構丈夫で、中で芯が折れることがない
  • ネジ式の蓋で、勝手に蓋が取れることがないので頼もしい

強度もデザインも、金額以上の満足感は得られる良い文房具でした!

まとめ

  • 「通常のシャーペンの芯ケースは見た目がプラスチッキーで嫌だ!」
  • 「無印の筒型芯ケースはいいけど、強度が心配…」

こんな人にオススメかと思います。

またシャーペンの芯ケースというニッチな商品なので、持っているとちょっとしたネタにもなるかもしれませんね。

金額以上の価値はある文房具なので、是非買ってみよう!

スポンサーリンク