プレゼントにぴったりなボールペンまとめ

ビジネスマン向けボールペン5選。予算3000円で書きやすいものをピックアップ!

ビジネスマンにおすすめのボールペン

ビジネスシーンで意外と目にとまるのが、取引先の方が使用しているペン。商談時のメモや契約書へのサインのタイミング等、ボールペンを使用する場面も多いため自然と見る機会も増えます。

服装や腕時計等でもそうなのですが、他の人に見られているとなると少しでもいいものを使ってかっこよく見せたいですよね。また、いいものを使っている人の方が「デキる人」という雰囲気が出ます。

しかし高級なボールペンとなると1万円以上するものもあり、「ペンにそこまでお金を使うのはちょっと…」と抵抗があるかもしれません。日本は文具大国で、安くて書きやすいボールペンが多いので尚更そう感じるものだと思います。

そんなわけで今回は、一般的なボールペンよりはやや高いものの比較的手を出しやすい価格帯である3,000円以内で購入可能な、ビジネスでも使いやすいボールペンを厳選しました。手を出しやすい価格でありながら高級感もあり、且つ書き味のいいものをピックアップしたので、是非ともご活用頂ければと思います!

ビジネス向けのボールペンを選ぶポイント

高級感のあるデザイン

ビジネスマンにおすすめのボールペン01

ビジネスシーン…つまり人の前で使うからこそ、少し高級感のあるデザインのボールペンを持ちたいですよね。

今回この記事で紹介するボールペンは予算3,000円以内で購入可能なボールペンになります。一般的に見たらちょっと良い価格帯、文具好きから見たらリーズナブルな価格帯になりますが、その中でもしっかりと高級感のあるボールペンをピックアップしています

滑らかな書き味

ビジネスマンにおすすめのボールペン02

失敗を避けたいビジネスシーンだから、筆記ミスには気をつけたいですよね。しかし書き味の悪いボールペンだと、書いている最中に掠れてしまうというリスクがあります。

そのためこの記事ではインクフローの良い滑らかな書き味のボールペンを紹介しています。

音を鳴らさずにペン先を出せる「ツイスト式」がおすすめ

ビジネスマンにおすすめのボールペン03

ボールペンには主に

  • ノック式
  • キャップ式
  • ツイスト式

上記3種類の繰出方式があります。

ビジネスシーンで使う場合、ツイスト式のボールペンをおすすめします。理由としましては、静かに素早くペン先を出せるからです。

ノック式ボールペンは最もポピュラーですが、ペン先を出す際に「カチッ」と音が響いてスマートではありません。キャップ式のボールペンはキャップ開閉の際に音が鳴ったり、開閉するための動作が多くなるためサッと書き出すことができません。

ツイスト式のボールペンは軸を回転させるだけでサッとペン先を出せます。また音も無く静かです。

当記事ではビジネスシーンで使うからこそこだわりたいポイントも押さえて厳選しました!

予算3,000円から選ぶ、ビジネスマン向けボールペン5選

コクーン(パイロット)

コクーン(パイロット)

コクーンは名前のとおり繭をモチーフとしたボールペン。

特徴的な流線型のボディはとても握りやすく、手に持つとしっくりくるように設計されています。また重心のバランスもよく、ボディの形状と相まって非常に手に馴染みます。

インクは『アクロインキ』を搭載。あらゆる油性ボールペンのインクの中でも最強クラスの滑らかさ。その書き味は油性ボールペンとは思えないほど軽く、ヌルヌルとインクが出てきます。インクの詰まりもなく、濃くはっきりとした線が書けるのも特徴です。

繭のような流線型が美しく、握り心地と書き味が抜群…コクーンは全てのビジネスマンにおすすめしたい最高のボールペンです。

通常価格1,500円+消費税

書きやすいボールペンの最適解はPILOTの『cocoon(コクーン)』だと思う

フィラーレ(ゼブラ)

フィラーレ

フィラーレはゼブラから発売されている、高級感あるボールペンになります。

軸が太めで、ゼブラとしては珍しく重厚感があるデザイン。手に握るとずっしりとした重みを感じます。

インクは『エマルジョンインク』を搭載。エマルジョンインクは油性と水性が混ざった特殊なインクです。水性のようなサラサラとした書き味と、油性のような速乾性と耐水性を兼ね備えています

贅沢な雰囲気と、エマルジョンインクならではの書きやすさを兼ね備えたボールペンです。

通常価格2,000円+消費税

エナージェルフィログラフィ(ぺんてる)

エナージェルフィログラフィ

エナージェルフィログラフィはぺんてるの人気ボールペン『エナージェル』の高級モデルになります。ボディが金属製に、ペン先の繰出方式がツイスト式になっています。

エナージェルはスラスラとした書き味のゲルインクボールペンで、速乾性に優れているため、書いた後すぐに擦ってもインクの擦れ跡がほとんど出ません。インクの色も濃く、はっきりとした文字を書くことができます。

またペン先がニードル型になっており、狙ったポイントにペン先を当てやすいのも特徴の一つです。

ビジネスシーンでゲルインクボールペンを使いたいならエナージェルフィログラフィが絶対おすすめです!

通常価格2,000円+消費税

ジェットストリーム プライム(三菱鉛筆)

ジェットストリームプライム

ジェットストリームといえば元祖滑らかボールペンです。おそらく日本でいちばん有名なボールペンなのではないでしょうか。

『ジェットストリーム プライム』はシリーズの高級モデルになります。ノック式とツイスト式の2種類が存在しますが、ここでおすすめするのはスライド式になります。
uni「ジェットストリームプライム」レビュー。書きやすいがデザインが何とも…。

※ちなみにノック式のジェットストリームプライムはプラスチック製の安っぽい石がついており、なかなか残念…。

一般的な油性ボールペンと比較すると圧倒的な滑らかさで非常に快適な書き味。またペン先が最も細いもので0.38ミリとなっており、細かい字を書きたい人にとってもおすすめです。

書き味滑らかでペン先の細さにもこだわりたい人にとって、最も最適な選択なビジネス用ボールペンでしょう。

通常価格3,000円+消費税

849(カランダッシュ)

カランダッシュ849

カランダッシュはスイスの老舗ペンメーカー。ロシア語で『鉛筆』を意味しており、鉛筆のような六角形のデザインがカランダッシュのシンボルになっています。

ペン本体は短めで、太さと形状は六角鉛筆そのもの。ただし材質はアルミが使用されています。

ノック式のボールペンですが「カチッカチッ」と音が響かないためフォーマルなシーンでも使いやすく、また書き味も滑らか。

カラーバリエーションが豊富でやや派手に感じられるかもしれませんが、鉛筆型だからこそ嫌味がなく、それでいて安っぽさもありません。だからこそビジネスシーンでも使いやすいボールペンだとおすすめします。胸ポケットや手元をおしゃれに彩ってくれます。

通常価格3,000円+消費税

カランダッシュ849カランダッシュ849の魅力。書き味がよく、可愛いからこそ使いたくなる一本です!

ビジネスシーンで、ちょっといいボールペンを使ってみませんか?

ビジネスマンにおすすめのボールペン04

今回予算を3,000円として

  • 高級感がある
  • 書きやすい

上記のようなビジネスマン向けボールペンを紹介していきました。

「これぞビジネス向け」と言えるツイスト式のきっちりしたデザインのボールペンを重視してピックアップしましたが、あえて洒落たデザインながら上品さも兼ね備えたボールペンも一つ挙げてみました。

国産メーカーのプラスチッキーなボールペンは安くても書きやすくて非常に実用的。ですが、取引先の方が見ているビジネスシーンだからこそ、いいボールペンを使いたいものです。是非とも今回この記事で紹介したボールペンを使って頂ければ幸いです。