プラチナ万年筆の初心者向け万年筆『プレジール』レビュー

スポンサーリンク

初心者向け万年筆『プレジール』

先日ラミーのサファリを購入して使ってみたのですが、「万年筆楽しい!!」と思ったのでまた低価格帯の万年筆を買ってみました。

プラチナ万年筆から発売されている『プレジール』という万年筆です。

今回はプラチナ万年筆プレジールのレビューを綴っていきます!

デザイン

ボディは金属製。擦り傷がつきにくいパール加工が施されています。見た目だけから判断するとラミーよりも何だか高級感がありそうです。しかしこの万年筆は定価1000円で、Amazonではそれ以下の金額で購入できます。凄くお手頃な金額ですが、安っぽさを感じられません。

キャップには「スリップシール機構」が搭載されており、カートリッジを差し込んだまま一年経ってもインクが固まらないようになっています。万年筆は数ヶ月間使わず放置しているとインクが乾燥してしまい書けなくなってしまいますが、プレジールはスリップシール機構を搭載することでその問題をクリアしているのです。

ニブはステンレス製。中字と細字の2種類から選べますが、量販店で試し書きをしてみて感じが良かった細字を購入しました。

書くときはニブの刻印を上に向けながら握ると綺麗に書けるようです。

カートリッジ式

万年筆にはコンバータ式とカートリッジ式がありますが、プレジールはカートリッジ式の万年筆です。

ただし他のレビューなどを見ていると「コンバータも使える」というコメントを見ます。プラチナ万年筆では推奨していませんので、コンバータを使うなら自己責任で…。

なお文ログでは興味本位でコンバータを使って見る予定です!!笑

書き心地

プレジールの書き心地は、なんだか鉛筆みたいな書き心地。カリカリと書けます。サファリのレビューも「鉛筆みたい」とか「硬くてカリカリと書ける」と書いたのですが、プレジールはサファリ以上に鉛筆みたいにカリカリ書けます。

ただしサファリと違ってペンを握ったときに角度がつきません。個人的には万年筆は角度が付いていたのほうが書きやすく感じます。といってもプレジールも充分書きやすいんですけどね!

お絵かきしてみました。カリカリと描けるのがすごく楽しい!

万年筆でイラストを描けるようになりたいですね…!

最後に:プレジールは安くて書き心地も良い!

団子
プレジールはお手頃ですが書き心地のいい万年筆です。また鉛筆のような硬い書き味が凄く楽しい! 金額の割にデザインに安っぽさを感じないので、ビジネスの場でも使えますね!

スポンサーリンク