一生ものの高級ボールペンをご提案

パイロット『タイムライン』レビュー。速記にも適した書きやすいボールペンです!

パイロット_タイムライン

唐突ですが、2,000〜5,000円くらいの文具って何だか目立たないと思いませんか?

量販店のよく目につくところには100〜1,000円くらいで購入できる低価格帯の文具がズラリ。文具大国日本では低価格帯でも優秀なペンが多く、どのメーカーもここに注力しているので当然売り場も充実しています。

高級ラインが並ぶショーケースを見に行くと、国産・海外ブランドの5,000円以上の高級ペンが眩い輝きを放っています。更にショーケースを覗くと2,000〜5,000円くらいのミドルクラスのペンも並んでいるのですが、いかんせん目立ちません!

目立ちませんが、この価格帯にも優秀なペンはたくさんあります!

タイムライン_ボールペン

その中でも最も優秀なのがパイロットのボールペン『タイムライン』ではないかと思います。独特な構造になっているのですが、握りやすく書き味は滑らか。速記にも適した素晴らしいボールペンです!

特徴的なデザイン

握りやすいフォルム

タイムライン01

タイムライン最大の特徴はそのデザインと言ってもいいでしょう。

エンタシスのように、軸の中ほどに膨らみがあります。グリップはペン先に向けて細くなっていますが、このフォルムと直径が非常に握りやすいのなんの!

ダブルアクションでペン先と口金が隠せる

外見で特に目を引くのが口金が隠れてしまっていることでしょう。

タイムライン02
タイムライン03
タイムライン04

『ダブルアクション』機構と呼ばれる特殊な造りで、口金→ペン先が軸が二段階で出し入れできます。

ペン尻がフラットだからノートの内側に挟みやすい

さて個人的にタイムラインのデザインで気に入っているのが、以下の二点。

  • ペン尻の天金がフラット
  • クリップの位置がペン尻の高さとほぼ同等

なんかこの説明では分かりづらいので、写真を見て頂きましょう!

タイムライン05

上の写真のように、ボールペンをノートや手帳の内側に挟んで携帯することが多いのですが、その際にタイムラインはノートの端からはみ出ません。ペン尻が出ているとその部分を何かにぶつける可能性も高まるので、タイムラインのようにペン尻がフラットで全然はみ出さないボールペンは重宝します。

ダブルアクションのメリット

ダブルアクションは口金もグリップ内に収納できますが、収納する際に一般的な回転式のボールペンと比較すると、当然軸を回転させる回数が一回多くなります。そんなふうに手数が増えるダブルアクションですが、もちろんメリットもあります。

  • 落下の際に破損しやすい口金を保護できる
  • 口金を収納した分短くなるので携帯性が上がる
  • ペン先の出し入れの感触が最高!←めっちゃ重要

もうね、ペン先を出し入れする感触が最高に気持ちよくてクセになります。「グルン(シュッ)!グルン(シュッ)!」と指先や手に伝わる感触が楽しくて仕方ありません!

いくらでも回転させてペン先と口金を出し入れしたくなる、他にはない魅力を持ったボールペンでもあるわけです!

「気持ちよくペン先を出せるボールペン選手権」なんて大会があれば、タイムラインは回転式部門でナンバーワンを取れます!それくらいに気持ちいいので、この記事を読んでいるあなたも気持ちよさを体験しましょうぜ!!

フォルムと重心が絶妙で握りやすい

タイムライン06

上の方でも書きましたが、エンタシス状のフォルムが非常に握りやすくて手にフィットします。

また重心がペン先の方に寄っているのでペン先がぶれにくく、速記にも適しています。回転式のボールペンとしては少々珍しい重心位置なんですよね。

滑らかな書き味

タイムライン07

タイムラインの書き味はとても滑らか。

パイロットの低粘度インク『アクロインキ』を採用しており、圧倒的なぬるぬる感ではっきりと濃い線が書けます

重心位置がペン先側に寄っていることと合わせて、素早く書くことに適したボールペンです。

ちなみにタイムラインにはゲルインクボールペンも存在します。外見のフォルムは同じで、カラーが異なるのみ。サラッと抵抗感のない書き味をお求めなら、ゲルインクタイプがおすすめです!

リフィルについて

タイムライン08

タイムラインに採用されているリフィルはBRFN-30 。パイロットが高級ラインの油性ボールペンに採用しているリフィルになります。

ペン先の太さは以下の三種類。

  • FL(0.5ミリ)
  • F(0.7ミリ)
  • M(1.0ミリ)

いずれもアクロインクを内蔵。また色はそれぞれ黒・赤・青の三色構成となっています。軸の色に合わせてインク色を変えてみるのも面白いですね!

CAUTION
ちなみにタイムラインの油性ボールペンとゲルインクボールペンでは、それぞれリフィルの規格が異なります。つまりゲルインクの本体を購入して油性のリフィルは使えません。
正直互換性があれば更に素晴らしいボールペンと評価していたのですが、こればかりは仕方ありませんので、購入の際はご注意を!

速記にも適した書きやすいボールペン『タイムライン』

タイムライン08

フォルムと重心が絶妙で、インクも滑らか。

タイムラインはとても書きやすく、速記にも適したボールペンです。デザインはユニークですが、書くためのツールとしては非常に完成度が高く、日常使いのボールペンでは最高レベルの書きやすさでしょう。

そして何よりも独自の機構『ダブルアクション』でペン先の出し入れが最高に気持ちいいんです!この快感は絶対に味わってほしいと思います!