プレゼントに最適なボールペンをピックアップ!

日本橋高島屋S.C.の「タッチアンドフロー」に行ってきました。ゆったり文房具を見られる空間でした!

高島屋SC_タッチアンドフロー

先日、ふらっと東京へと遊びに行きました。

高島屋SC_タッチアンドフロー01

目的地は日本橋と銀座。主に文房具屋を巡る小旅行でした。

そして2018年9月に開業したばかりのあそこにも行ってきました。

高島屋SC_タッチアンドフロー02

日本橋高島屋SCです。

参考 トップページ日本橋高島屋 S.C.

その館内にある文房具店「タッチアンドフロー」がとても素敵な空間だったので、今回は高島屋S.C.のタッチアンドフローを紹介していきます!

高島屋S.C.「タッチアンドフロー」

大人向けのステーショナリーショップ

高島屋SC_タッチアンドフロー03

「タッチアンドフロー」はデザインフィルが手掛ける大人向けな文房具店。デザインフィルといえばミドリやトラベラーズカンパニーといったブランドを展開している会社です。

店内にはミドリやトラベラーズカンパニーの商品はもちろんのこと、その他にもおしゃれな文房具が並んでいます。

開放的な店内

高島屋SC_タッチアンドフロー05

タッチアンドフローの店内はとても開放的。通路が広く、回りやすくなっています。

杉材がふんだんに使われた店内は和モダンな雰囲気で、とても居心地がいい空間となっています。

私の勝手なイメージになりますが、多くの文房具店は通路で他人とすれ違う際に肩がぶつかってしまうほど通路が狭いものだと思っています。そのため一つの文房具の前に長く居座って検討するにもやや気が引けるところがありますが、タッチアンドフローは通路が広いためゆっくり選ぶことができます。

「書くことで見つける上質な暮らし」

タッチアンドフロー日本橋高島屋S.C.店のコンセプトは「書くことで見つける上質な暮らし」

高島屋SC_タッチアンドフロー10

店舗の中央には大きな試し書きコーナーがあり、ボールペンや万年筆で「書く楽しさ」を体験できます。

高島屋SC_タッチアンドフロー11

試し書きコーナーには何層にも重なった分厚い試し書き用の紙が用意されています。この試し書き用の紙はMD用紙で、万年筆で書いても裏抜けしません。それにしてもめちゃくちゃ分厚い…!

体験型の店舗となっており、実際に触れて、書いて、買い物を楽しめますよ!

上質な文房具が並ぶ

品揃えについては、文房具の数よりも品質や高級さで勝負しているといった感じ。

高島屋SC_タッチアンドフロー06

そびえ立つカードタワー。店内でも特に存在感があり、様々なデザインのカードが並んでいます。

高島屋SC_タッチアンドフロー07

高島屋SC_タッチアンドフロー08

デザインフィルが運営しているということでミドリブランドの文房具や、トラベラーズノートが目立っていた印象がありました。またノートについては、他店では見かけないタッチアンドフローブランドのものが多く並んでいました。

高島屋SC_タッチアンドフロー09

もちろん他メーカーの文房具も取り扱っています。例えば万年筆はパイロットのハイグレードモデル「カスタム」や、スターター向けの「カクノ」もありました。

海外ブランドを見るとカヴェコのブラススポーツやクラシックスポーツ、そして台湾のデザイン会社「ystudio」の真鍮製ペンも販売していました。

また逆輸入商品もあり、プラマンのヨーロッパ限定モデルの取り扱いも。

上質な文房具が並ぶ店内は、回るだけでも何だか優越感に浸れるような贅沢な空間になっています。

タッチアンドフロー日本橋高島屋S.C.店で、書く楽しみを見つけよう

103-6105
東京都中央区日本橋二丁目5番1号
日本橋髙島屋S.C. 新館5階

とても開放感のある店内で、ゆったりとした空間で買い物を楽しむことができます。

試し書きゾーンが広いためか、他店舗よりも試し書きするのが楽しくく感じられました。大きくて上質な紙に試し書きできるのが最高ですね!

タッチアンドフロー日本橋高島屋S.C.点は、上質な文房具に触れて書くことの楽しさを体験できる素敵なお店でした。

団子

オープンして間もないタイミングで訪問しましたが、もう少し時間が立ってくると店内の木材が経年変化して、また違った表情が見られるのではないか…なんてことも考えました。
少し渋さが現れた店内も見てみたいですね!
まあまだまだ先の話になりそうですが…笑