書きやすさ重視!おすすめのボールペン

書きやすいボールペンの最適解はPILOTの『cocoon』だと思う

唐突ですが、

PILOTの『cocoon(コクーン)』って最強のボールペンだと思うんですよね!

何がどう最強かと言えば、総合的に見て優れているんです。特にボールペンに「書き安さ」を求めるならコクーンが最適解だとさえ思っています。

というわけで、今回はPILOTのコクーンが素晴らしいと思う理由を綴っていこうと思います!

PILOT「コクーン」レビュー

シンプルで洗練されたデザイン

PILOT『コクーン』1

コクーンはその名の通り、まるで繭のようなやや太めの流線型のボディが特徴的なボールペン。軸は金属製で派手さが一切ありません。

一切無駄のない美しいフォルム。このシンプルさが高級さを感じさせます。

PILOT『コクーン』2

ペン先の出し方はツイスト式。静かに出してサッと書ける、デザインと相まって「大人な雰囲気」を醸し出しています。普段使いとしてももちろん活躍しますが、ビジネスシーンでも使いやすいボールペンです。

握りやすい

PILOT『コクーン』3

コクーンの美しい流線型はただデザインに優れているだけではありません。自然と手に馴染み、とても握りやすいのです。それは手のひらで包み込みたく感じるほど。

重量は31gとボールペンの中でもかなり重め。手にずっしりとした重さを感じますが、決してそれで手が疲れるということもなく、むしろしっくりと来ます

握り方としては、ペン尻が重めのためペンを寝かせて書くと握りやすいです。油性ボールペンはペン先を垂直に近い角度でしっかりと紙に当てていないとボールがうまく回転せずにインクが掠れるなんてことがありがちですが、コクーンはペンを寝かせて垂直から遠い角度で筆記してもしっかりとインクが出てくれます。次の項目でも解説しますが、これはコクーンに搭載されているの滑らかさに依るところが大きいでしょう。

フォルムと重さがとてもしっくりくるようデザインされており、また搭載されている滑らかなインクのおかげで、書く際には余計な力を抑えながら確かな筆記ができます。

アクロインキで圧倒的に滑らかな書き味

PILOT『コクーン』4

インクは低粘度インクの「アクロインキ」が採用されており、油性ボールペンでありながら圧倒的な滑らかさで書くことができます。

一般的な油性ボールペンは書き出しで掠れることよくあり、またある程度の筆圧を書けないとうまくインクが出てくれません。しかしアクロインクは油性インクでありながら軽い筆圧で掠れることなくしっかりと濃い線を書けます。同じ低粘度インクのジェットストリームよりも更に滑らかな書き味です。油性ボールペンの中では一番の滑らかさでしょう。

油性ボールペンにありがちな掠れや筆圧をかけないと書けないといったストレスもなく、快適な書き味を体験できます。

コストパフォーマンスが最高

  • 美しいデザイン
  • 握りやすいフォルム
  • 滑らかなインク

これだけ揃っていながら通常価格が1,500円とすごくコストパフォーマンスが良いんですよね。

おすすめのボールペンランキング。書きやすさと実用性を重視してピックアップ!という記事でもコクーンを1位に選びましたが、私がすべての人におすすめする最高のボールペンです。

オススメのボールペンおすすめのボールペンランキング。書きやすさと実用性を重視してピックアップ!

まとめ:とにかく書きやすいボールペンがほしいならコクーンを買おう!

PILOT『コクーン』5

コクーンはデザイン、握りやすさ、書き味の三拍子が揃った素晴らしいボールペンです。とにかく書きやすいので、「書きやすいボールペンがほしい」と考えているすべての方にコクーンをおすすめをします。書きやすいボールペンの最適解はコクーンです!

そしてこの性能の1,500円で購入できるのは本当に安すぎると感じます。PILOT恐るべきですよ!

またハイグレードなボールペンですのでちょっとしたプレゼントにも最適です。

団子

コクーンはコストパフォーマンスにとても優れたボールペンです。
デザインもよく、握りやすく、書き味も良いので、ボールペン選びに悩んだら「とりあえずコクーンにしておけ!」と全力でおすすめします!
通常価格1,500円+税
インクの種類油性インク
※アクロインキ搭載で書き味滑らか
ペン先の出し方ツイスト式
ペン先の太さ0.7ミリ